女性ホルモンの分泌ピークはいつ?

今日は、助手の貞子さんに記事をお願いしたいわ。真面目ちゃんだから、丁寧に書いてくれてると思うから、見てあげてちょうだいね。それじゃ、貞子さんお願いね。

 

こんにちは、貞子です。早速、本題へ・・・・

 

女性ホルモンの分泌量と髪の毛の関連性についてお伝えしていきます。

 

まず始めに女性ホルモンの分泌量がピークになるのは何歳くらいか分かりますか?

 

ピーク年齢は20代とされており、30代以降は女性ホルモンの分泌量は次第に減っていくと言われています。もうこればかりは避けることが出来ない症状と言えます。

 

 

そして、残念ながらこの女性ホルモンの分泌量に比例して、髪の毛の質や量が低下していくとされています。

 

あなたの髪は大丈夫?

 

年代別に髪の症状についてお伝えしていきます。

 

▼20代
女性ホルモンの分泌量がピークを迎えるこの時期は、女性のとって大切な髪の毛は質量ともにピークになりますので、髪の毛で悩む人はかなりの少数と言えます。

 

あなたが20代で髪のトラブルが始まっているなら、女性ホルモンの分泌量以外に原因があるかもしれません。

 

▼30代
女性ホルモンの分泌量が減ってくる時期です。髪の質が段々悪くなてきて、乾燥しやすい状態になります。

 

その影響で髪の毛が勝手にうねってしまうようになったり、パサツキ始めます。

 

▼40代、50代
この頃になると更年期障害によって髪や頭皮のトラブルが増えてきます。また、生理がこなくなってしまうことで髪が薄くなってきたり細くなって地肌が目立つようになります。

 

 

まとめ

このように一般的に女性ホルモンと髪の毛について言われています。

 

ですが、女性ホルモンが多いから髪の質量が良いとか少ないから悪いと言ったことに囚われないでください。

 

あくまでも加齢によって女性ホルモンも髪の具合も落ちていくことを理解することが大切です。

 

間違っても女性ホルモンを薬で服用したからと言って薄毛が治ることは絶対と言えません。薬は体に作用させるのでオススメできません。

 

ここでお伝えしたいのは20代をピークに段々と髪質は悪くなって薄毛になっていくので、しっかりと対策を取ることが大切になるということです。