育毛シャンプーについての豆知識

よく育毛シャンプーってなんなの?育毛効果があるの?と思うひとがいるんですけど、単刀直入に言うと育毛シャンプーにそのような効果はありません。

 

そもそも育毛シャンプーという言葉自体が勝手に作り出されてものなんです。だって育毛シャンプーと呼ばれているものは国から認識を受けた証拠である医薬部外品といった記述もありません。

 

たしかにシャンプーに有効成分を配合しているものが存在しています。ですがシャンプーに入っていたとしても効果は期待できるでしょうか?

 

シャンプーは結局洗い流してしまっていますよね。育毛剤であっても洗い流してしまえば恐らく効果が期待できないでしょう。

 

そんな育毛シャンプーと呼ばれている名前に騙されて使っても効果がないのは目に見えています。

 

根本的なことを言えばシャンプーには頭皮に良くない成分が大量に入っています。元々シャンプーなんかを使っていない時代には女性にはハゲなんて殆どいませんでした。

 

でも幼いころからシャンプーを使うことによって頭皮や髪を傷つけてきました。その代償として若い人でもハゲるようになってきたと考えています。

 

シャンプーを使ったからといって育毛効果があるというのは間違っていると言わざるを得ません。

 

育毛シャンプーという名前に惑わされないようにしましょう。育毛なら育毛剤に限るということが分かっていただけたと思います。

 

これであなたは育毛シャンプーに騙されることなく生きていくことが出来るはずです!

 

 

ハゲは遺伝するのか?

ハゲは遺伝するのかしないのか?議論が分かれるところです。確かに遺伝すると言われていますが実際に遺伝するのは2、3割程度とも言われています。

 

特に最近言われているのが「母方の父親」がハゲていると遺伝的にはげてしまう可能性があるそうです。

 

もし母方の父親がハゲているようならしっかりと対策をして少しでも遅くなるようにしなければ、サクッとハゲてしまったりします。

 

もちろん遺伝しないハゲパターンもありますから、当てはまらないからといって何もしないでいれば加齢とともにハゲてしまうことはあります。

 

 

誰もが知りたい「はげない方法」。タバコを吸って、お酒を飲んで、インスタント食品ばかり食べている人でもはげない人ははげません。
でも健康的な食事をして運動も適度にして、規則正しい生活をしていてもはげる人ははげます。ですから、対策を講じていく必要があります。私的には「内的刺激」「外的刺激」の2パターンがあると思いますが、食事や運動で内的刺激となるものははげないためには活用すべきことだと思います。即効的効果は現れませんが、効果は期待できます。ただし、外的刺激がなくてはそれも生きてきません。

 

ここで言う外的刺激とは、毛根や毛乳頭といった髪を生やす元の部分に刺激を与えてあげることです。ここでは育毛剤を使って直接栄養素を送り込んであげることを指しています。巷では、医薬品とよばれるお医者さんが処方できる「ミノキシジル」「フィナステリド」といったものしか効果がないと言われていますが、これらは副作用が強すぎますので、はげない方法と言う点ではオススメできません。

 

やはり副作用のない育毛剤を継続的に使用する必要があります。私の友人には22歳ごろからハゲないために育毛剤を使っていましたが、40歳を迎えるいまでもフサフサです。逆に外的刺激をしてこなかった友人は私を含めだいぶ寂しい状態になっています。もしあなたが本気ではげない方法を探しているのであれば、育毛剤を使いましょう。